胸郭出口症候群本文へスキップ

胸郭出口症候群概要

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

胸郭出口症候群thoracic outlet syndrome

胸郭出口症候群 胸郭出口症候群は、長時間のデスクワークを毎日続けているような方に発症しやすい疾患で、発症しやすい年齢としては20〜30歳代と考えられています。特に、猫背の傾向が強い方や、左右両肩のラインより頭が前方にでている方に発症しやすい傾向があります。また、マウス操作をしたり字を書いたりするなどの作業が長時間続く事で、首の前の筋肉や胸の筋肉が使われ硬くなってしまい、頸椎(首の骨)や鎖骨の運動が障害されてしまいます。その結果、胸郭出口症候群のリスクはさらに高まってしまいます。
 胸郭出口症候群の症状が現れた方は早期に治療を開始するように心がけましょう。

 胸郭出口症候群の症状

 胸郭出口症候群の症状は、首〜肩、腕〜手の指先に現れます。
 首から肩の症状としては肩こり・首こりが多くの場合で現れ異常なまでに筋肉が硬くなっていますが、自覚症状がある場合とない場合があります。症状が強い場合には、首や肩の筋肉だけではなく背中の筋肉まで硬くなっていることもあり、肩甲骨の周辺や左右の肩甲骨の間に痛みを感じる方もいらっしゃいます。
 このような症状に血流障害によって手にしびれや冷感、脱力感が加わるのが胸郭出口症候群の特徴です。なかには手の色が蒼白になったり、よく手を使う機会がある方は手指の動きの悪さを訴える方もおられます。
 デスクワークを行っている時やバスや電車で吊皮をもっている時等に認められる事が多く、時間が経てば経つほど症状は悪化していく傾向にあります。症状が悪化すれば、手のしびれや冷感によって仕事が続けられなくない、寝る時の姿勢によって手がしびれる、頭痛や吐き気が現れる方もいらっしゃいます。 

 胸郭出口症候群になりやすい方

胸郭出口症候群になりやすい方には特徴があります。
1.猫背
2.なで肩
3.長時間のデスクワーク
4.慢性的な肩こり
5.顎関節症の症状がある

これらの症状がある場合には、胸郭出口症候群になりやすい傾向があります。

 胸郭出口症候群の病態

 胸郭出口症候群は、斜角筋・小胸筋によって鎖骨下動脈が圧迫されてしまう事によって発症する病気です。さらに、肋骨と鎖骨の間を通過する際に鎖骨下動脈が圧迫されてしまい発症する場合や、稀に先天的に第7頸椎に肋骨がある頸肋症候群によって発症する事もあります。
 胸郭出口症候群は発症原因によって、斜角筋によって圧迫された場合を斜角筋症候群、小胸筋によって圧迫された場合を過外転症候群、肋骨と鎖骨の間で圧迫された場合を肋鎖症候群、頸肋によって圧迫された場合を頸肋症候群に分けられます。。

斜角筋症候群斜角筋症候群

 上のイラストをご覧ください。これは斜角筋症候群の状態を表しています。赤線は鎖骨下動脈を表しています。鎖骨下動脈は、前斜角筋、中斜角筋、鎖骨でつくられる斜角筋隙(しゃかくきんげき)を腕神経叢(腕を支配する神経の固まり)と共に通過します。その際に前斜角筋と中斜角筋に過外転症候群よって鎖骨下動脈が圧迫された状態を斜角筋症候群と呼びます。

過外転症候群

 右のイラストをご覧ください。過外転症候群の状態を表しています。赤線は鎖骨下動脈を表しています。鎖骨下動脈は斜角筋隙を通過後に、鎖骨の下を通り肩甲骨の烏口突起と第3・第4・第5肋骨の間にある筋、小胸筋の下を通過して腕に向かいます。
 過外転症候群とは、この小胸筋によって鎖骨下動脈が圧迫されてしまう状態をいいます。

 胸郭出口症候群の鑑別診断法

 胸郭出口症候群の治療を行うためにはそれぞれの状態を正確に鑑別診断しなければいけません。これらの症状を鑑別する為にレントゲンを撮影したとしても生まれた時からの問題である頸肋症候群以外は把握する事が出来ません。その為、胸郭出口症候群を鑑別するための徒手検査を行います。

検査名
 ○アドソンテスト(Adson's Test)
 ○マニューバーテスト(Maneuvers Test)
 ○エデンテスト(Eden's Test)

 胸郭出口症候群治療

鍼灸治療鍼灸治療

 胸郭出口症候群の治療で鍼灸治療の適応となるのは斜角筋症候群と過外転症候群です。これらの症候群に対しては鍼灸治療が効果的です。

 胸郭出口症候群の鍼灸治療を行う理由は3つあります。

  1つ目は、胸郭出口症候群の痛みや違和感の軽減です。鍼灸治療は、痛みを軽減させる効果の高い治療法です。特に、首や肩の強い痛み違和感の改善には鍼灸治療が最適です。

 2つ目は、筋肉の緩和です。胸郭出口症候群の症状は、血管や神経を圧迫している筋肉を緩めることができれば症状改善が期待できます。鍼灸治療は筋肉を緩める効果が非常に高い治療法です。

 3つ目は、自律神経の調整作用です。鍼灸治療は自律神経を調整する作用をもあり、胸郭出口症候群によってめまいや動悸、頭痛などの自律神経失調症の症状がある場合にも鍼灸治療で改善できる可能性があります。

 このような理由から、胸郭出口症候群の治療に鍼灸治療を行っています。早期に症状を軽減したい方、当院が自信と責任を持ってお勧めする鍼灸治療を是非お試し下さい。

整体療法

 同じ胸郭出口症候群でも症状に強弱があります。強度の症状がある場合には鍼灸治療がお勧めですが、症状が比較的軽い場合には整体療法をお勧めします。
 胸郭出口症候群が起こる根本的な原因は、先天的なものを除いて姿勢が大きく関与します。その為、姿勢を改善する事は胸郭出口症候群の根本的改善を目指すためには必要となります。整体療法では、骨盤や背骨などの身体のゆがみを正確に把握し、胸郭出口症候群が再発しないようにする事を目的に治療を行います。
当院で行う整体療法は、”バキバキ”と鳴らすような方法ではなく、ご自身の体重を使ってソフトに矯正を行います。そのため、矯正には痛みはございませんのでご安心ください。

 胸郭出口症候群治療料金

鍼灸治療 5400円
整体療法 5400円
※初診時には初診料が別途2160円必要です。

information

ロゴ大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は、厚生労働省認可を受け国家資格所持者による治療を行っております。
また、当院はUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得、さらにアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFからの顕彰を受賞した日本で唯一の治療院です。

あなたの症状に応じて鍼灸治療、磁気刺激療法、最先端光線療法、超音波療法で胸郭出口症候群の症状改善をサポートします。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。
一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

【胸郭出口症候群治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)・大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府寝屋川市・大阪府東大阪市・大阪府大阪狭山市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市・姫路市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・滋賀県

LINE〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も胸郭出口症候群の治療を行っております。

thoracic outlet syndrome胸郭出口症候群

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も胸郭出口症候群の治療を行っております。

LINE