大胸筋 大阪本文へスキップ

大胸筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

大胸筋

 大胸筋は、胸郭部分の上部で、真ん中にある胸骨の左右両側にある扇状の大きな筋肉です。厚い筋膜(胸襟筋膜)に覆われています。

【起始・経過】大胸筋の起始は3つに分かれています。
  ・鎖骨部分:鎖骨の内側半
  ・胸肋部:胸骨および第2〜7肋軟骨の前面
  ・腹部:腹直筋鞘前葉から起こり、上部は外側下方、中部はほぼ水平、下部は斜め上外側方に走ります。

【停止】上腕骨の大結節稜

【作用】上腕を内転し、その状態から内方に回旋させる。上腕を固定すると、胸骨および肋骨をあげて吸息の働きを助けます。

【神経支配】内側および外側胸筋神経(C5〜8、Th1)

【血管支配】胸肩峰動脈、最上胸動脈、外側胸動脈、前上腕回旋動脈

※三角筋(大)胸筋溝:鎖骨部と三角筋との間にある溝。三角筋(大)胸筋溝の上端は鎖骨下窩となり、橈側皮静脈が腋窩静脈にそそぐところになります。

※胸骨筋:大胸筋の起始の表面に縦に位置する筋肉です。(日本人の約10%)扁平な筋束は一側または両側にみられ、正中線から不定の距離に位置しています。





thoracic outlet syndrome胸郭出口症候群

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も胸郭出口症候群治療を行っております。

LINE