肘部管症候群 大阪本文へスキップ

肘部管症候群

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

肘部管症候群

 肘部管症候群とは、肘の部分で神経が圧迫され、手にしびれを引き起こす疾患です。この時圧迫される神経は尺骨神経で、手の薬指と小指にしびれが現れます。そのまま放置しておくと薬指と小指が曲がったままの変形が起こってしまったり、筋肉がやせ細るといった症状も引き起こされます。
尺骨神経は首から出て腕の内側を通ってくる神経です。肘の部分では、骨と靭帯様のバンドに囲まれている肘部管というトンネルの中を走行し、手指の方に向かって走っていきます。肘部管症候群の場合、この肘部管の部分で尺骨神経が圧迫されしびれなどの症状が現れます。

 肘部管症候群が引き起こされる原因として、肘関節の骨折による変形・肘部管周辺にできたガングリオン・肘の使い過ぎによる肘関節の変形などが挙げられます。

 肘部管症候群かどうか検査する方法として、チネルサインがあります。これは、肘の内側部分を叩いたときに痛みやしびれが指先まで現れるかを確認します。普段の痛みやしびれが誘発されるようであればチネルサイン陽性と判断します。また、フローマン兆候テストがあります。患者さんに親指と人差し指で紙を挟んでいただき、紙が抜けないように力をいれていただきます。その際、力が入らないもしくは親指の第一関節を曲げてしまう動きがみられるとフローマン兆候テスト陽性です。

 手にしびれを引き起こす疾患はいくつかあり、肘部管症候群もその一つです。どこで圧迫されているか、どこが問題となっているかをしっかりと判断する必要があります。その為にも、「どこにしびれや痛みが出ているか」を確認しておくことは大切です。

thoracic outlet syndrome胸郭出口症候群

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も胸郭出口症候群治療を行っております。

LINE